受講生の声 | 岡山最大の卒業生をほこる政木信昭の料理教室

  • 福田教室:岡山県岡山市南区福田38-8
    オルガ教室:岡山県岡山市北区奉還町1-7-7 4F 料理教室

  • 086-264-5429086-264-5428
  • ↑:上へ戻る
受講生の声

受講生の声

政木 信昭の料理教室は岡山最大の卒業生をほこる料理教室です。
その数なんと3万人以上!
受講生や卒業生の方の中には当料理教室で学んだ知識を活かし、ご自分でお店や教室を開いている方も多くいらっしゃいます。
ここではそのお店や教室と、現在受講されている方や卒業生の方より頂いたご感想をご紹介します。
これを見ればきっと人気の理由がわかるでしょう!

受講生の声

image4

入江 真理

中学1年生から通わせてもらい、中学の頃でさえ分かりやすい教え方と、2・3人のグループで作り合うので協力性や作る順番などの考える力もつきますよ!
楽しく料理ができる場所ですね!

image6

岡山旭東病院 総院長 土井章弘

「料理を作る」
 友人の紹介で政木料理教室に2021年4月に入学して、2年目である。82歳からのチャレンジで基礎科から参加している。月曜日の18:30から約2時間、仕事を忘れて男女と年齢に関係なく、料理を一緒に、出汁の出し方、四季折々の素材の説明など、今まで経験のなかった新しい食文化に出会って楽しくて仕方がない。今日まで、女性が主婦として家庭の料理を受け持ってきた伝統がある。従って女性は料理を創るために、体を動かし、献立を考え、素材の買い出しなど、脳を満遍なく使ってきた。100歳以上の日本人は8万人を超えた、80%は女性です。料理を創ってきた女性が長生きであることと関係があるかもしれない。男児厨房に立つは認知症予防にもなると思っている。政木先生には、土井勝の直弟子で、腕は一流、教え方はひとりひとりのレベルに合わせ、どの様に料理を考えるか、ユーモアを味付けにさりげなく教えてくれる。

image7

畑野 嘉孝

料理はやった事の無い私を、千尋の谷に置き去りにして「底には救世主が居るからと」励まされたのが始まりです。魚釣りが好きで持ち帰っても魚をおろす事が出来ないという我が家の事情があり、政木先生の刺身教室に通いました。「うんうまい」の声で、10年修行しました。そのあと基礎科・応用科と進みました。
これだけ長く続けられたのも先生と奥様のお人柄と家庭的な雰囲気があるからだと思います。
まだ修行半ばですが、やはり「うんうまい」の声が聞きたく今後は研究科や酒の肴専科を目指そうと、夢を膨らませています。

image8

佐藤 彩香

義母の紹介をきっかけに気がつけば2年目を迎えました。もともと料理はよくしていましたが、改めて包丁の使い方から食材に適した調理法まで基礎から学ぶことで作ったことのない料理はもちろんですが、作ったことのある料理も全く新しい料理に感じてしまうほどです。
旬の料理に舌鼓を打ちながら、自分の料理スキルも向上できて、楽しく料理ができる環境を提供してくださる先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

image9

数井 初実

素材のこと、四季の歳時のこと、器のこと…豊富な知識を織り交ぜながら本物の美しさを学べる日本料理専科。10年以上続く、私の月に1度の楽しみです。私にはハードルが高いかなと心配した専科でしたが、ポイントを押さえた丁寧な指導のお陰で、毎回新しい発見をしながら楽しく学んでいます。同じクラスの受講生の方々に入れ替わりがほとんどないことは、居心地の良さを証明しています。暮らしを豊かにするお料理を、これからも楽しんで続けていきたいと思います。

image10

田淵 紀之・紅

私たち夫婦が政木クッキングスクールの門戸を叩いたきっかけは、私が料理の基本も学びたいと思ったからです。妻に相談したところ、妻も乗り気で、二人で受講させていただくことになりました。
受講させていただくたびに目から鱗のオンパレードで、私も妻も、今までの料理に関する常識を全て覆され、どんどん興味が沸いていきました。今では妻の方がのめり込み、中華鍋から温度計付き菜箸、野菜の水切り器具までも購入し、台所がどんどん賑やかになっています。先生から教えていただいた器とのバランスや砂糖の隠れた役割等、レシピ以外にも沢山の事を学ばせていただき、本当に感謝感謝の日々でした。
政木先生や奥様の人柄、教室の雰囲気もとても良く、とても充実した日々を送らせていただき、これからの食生活がとても豊かになりそうです。

ご相談・お申し込みはこちらまで

お問い合わせはこちら